【受験生必見!】『大学入試 自由英作文が1冊でスラスラ書ける本』苦手克服!

大学受験生必見の自由英作文本の最新情報を紹介します。

自由英作文の出題と配点の割合

「英語は、長文読解や文法・語法、リスニングで手一杯」
「日本語でも自分の意見を書くなんて大変。ましてや英語で自分の意見を書くなんて絶対ムリ!!」
そういう人が大半ではないでしょうか。

「難しい」「自分にはムリ!」と感じてしまうのは、自由英作文を書くコツをきちんと教わっていないからです。
ですが、自由英作文は、コツさえつかめば、取り組みやすい分野なのです。なぜなら、自分の持っている英語の知識を使って、自分が作れる英語で解答を作ればいいだけだからです。本書を読めば、これらのコツと書き方がマスターできます。苦手な自由英作文を“得点源”にしてしまいましょう!

日本語で解答を作ってからそれを英語に直す方法はダメ?

自由英作文について、こう考えていませんか?

  1.  英語の知識がカンペキじゃないと自由英作文は書けない! だから英語力が上がる直前期まで対策しない(できない)。
  2. 自由英作文は日本語でまず解答を作ってから。それを英語に直せばいい。
  3. 英文をどんどん暗記していけば、そのうち自由英作文が書けるようになる。

ですがこれらは間違いです。

今回紹介する本はこれらの誤解を解きな解きながら、自由英作文に苦手意識がある人、何から手をつけていいかわからない人向けに、書くコツや勉強法をトコトンわかりやすく書かかれています。詳しくはぜひ書籍をゲットしてみてはいかがでしょうか?

とてもわかりやすいですね!ぜひ参考にしてみてくださいね!

【著者プロフィール】

渡辺 淳志 (わたなべあつし)
河合塾英語科講師。国際基督教大学(ICU)教養学部理学科より理学研究科修了後、信託銀行勤務を経て、早稲田大学大学院、東京大学大学院修了。
修士(理学・国際関係学・経済学・教育学)。文系・理系の修士号を持ち、SAPIX小学部で国語、代々木ゼミナールで数学、早稲田大学高等学院で公民(政治経済・倫理・現代社会)を教えた経験を持つ異色の講師。
複数教科を教えた経験から、いたずらに時間をかけることなく短時間で最大の効果を発揮するように応用の利く指導法の探求に余念がない(本書もこのような指導方針より執筆)。
予備校では基礎レベルから最難関レベルまで対応。受験科目数が多い東大や国公立大医学部など最難関レベルを目指す受験生からの支持が厚い。
英語指導は、文字情報処理と音声情報処理の一元化、ならびに英語と日本語のスムーズな架橋を信条とし、英作文指導は現役高校生から浪人生まで幅広いレベルをカバーし、成果を上げている。本書ではその豊富な指導経験に基づいた、受験生のハマりやすいミス・効果的な学習法など惜しみなく披露している。
2018年4月より、毎週火曜日19:00より調布FM83.8にてラジオ番組「合格総合研究所」のパーソナリティーを務めている。

【書誌情報】

書名:『大学入試 自由英作文が1冊でスラスラ書ける本』
定価:1,296円(税込)
判型:A5判
体裁:並製
頁数:176頁
ISBN:978-4-7612-7366-8
発行日:2018年9月10日
書誌情報: https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761273668

【本書のご購入はコチラ】

Amazon: https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761273666/kankidirect-22/
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/15594822/

 

参照元:PRtimes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です